投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 不動産投資するなら一棟所有で大きな収益を!

不動産投資するなら一棟所有で大きな収益を!

≪ 前へ|公務員でも副業できる?不動産投資のポイントを押さえて不労所得ゲット!   記事一覧   頭金はいくら必要?不動産投資における資金準備について|次へ ≫

不動産投資するなら一棟所有で大きな収益を!

カテゴリ:不動産投資コラム

マンションやアパートの不動産投資における一棟所有に興味はありますか?

 

区分所有より多額な投資になるため、敷居が高いような気もしますね。

 

自身に合う投資かどうか、一棟投資の概要やメリットデメリットを見ていきましょう。


投資用マンション

 

一棟所有の不動産投資とは?


一棟所有の不動産投資とは、アパートやマンションをまるまる所有して収益を得る投資方法です。

 

部屋単位で投資する区分所有とは規模が異なり、収益が大きく利回りも高いとされています。

 

副業の不動産投資であっても事業扱いされるので、運用資金が多額でも金融機関から融資を受けやすくなります。

 

気軽に始められる区分所有もいいですが、より高い資産形成を希望する方におすすめな不動産投資は、断然一棟所有であると言えるでしょう。

 

一棟不動産投資のメリット


不動産投資を区分所有ではなく「一棟」でするメリットを3つご紹介していきます。

 

メリット①空室リスクが少ない


一室ではなく建物全体での所有は、家賃収入が分散されているので一部空室になっても損失が少ないです。

 

一区分で所有している場合、一室空室になると収益は0ですが、複数室所有していれば空室でない部屋からの家賃で収入があがってきます。

 

メリット②不動産運営に自由がきく


リフォームや修繕など、資産価値を保つための運営業務を自由に行えます。

 

区分所有とは違い、自身の判断のみで外観や共有部分のメンテナンスをできるので、不要意に不動産の価値を落とすことがないでしょう。

 

メリット③資産価値が高い


一棟所有では土地も有しているので、区分所有と比べると資産価値が高いです。

 

建物は耐用年数の経過によって資産価値はどんどん下がりますが、土地の評価は経年によって減少せず、購入時より価値が上昇する場合もあります。

 

融資や売却の際、資産価値の高さは有利になります。

 

一棟不動産投資のデメリット


一棟所有で不動産投資する上でのデメリットは投資額の大きさによるリスクです。

 

アパートやマンションへの投資額は数千万~数億円以上がかかります。

 

規模が大きいぶん維持管理費も高額で、保険料や税金も安価でないのがデメリットです。

 

綿密な運用計画と慎重な検討を怠ると不利益を被る場合もあるでしょう。


投資する際のお金

 

まとめ


一棟で不動産投資をするなら、デメリットに注意して収益の上がりやすい物件を選びましょう。

 

物件の立地は大きな収益ポイントであり、生活利便性のあるエリアは入居率にも期待できます。

 

駅までの距離や生活に必要な周辺施設の有無、人気沿線などもチェックしておくと、投資に役立つでしょう。

 

区分所有と一棟所有、どちらが自身にとってメリットが大きいのか、しっかりと吟味してくださいね。

 

私たちホームメイト四ツ橋本町店では、大阪の収益物件を豊富にご紹介しております。

 

不動産投資のご相談・ご要望は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|公務員でも副業できる?不動産投資のポイントを押さえて不労所得ゲット!   記事一覧   頭金はいくら必要?不動産投資における資金準備について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る