投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 「収益物件の管理」どんな方法がある?

「収益物件の管理」どんな方法がある?

≪ 前へ|不動産投資を始める方へ入居率の良い物件の特徴をご紹介!   記事一覧   不動産投資を小額物件から始めるメリット|次へ ≫

「収益物件の管理」どんな方法がある?

カテゴリ:不動産投資コラム

収益物件を管理する方法としては、オーナー本人が管理する自主管理と、管理会社に委託する委託管理の二種類があります。

 

二つの方法のメリットとデメリットから、自分はどちらが合っているかを考えてみましょう。


どっち

 

収益物件を自主管理するメリット・デメリット


自主管理をする場合のメリットとしては、まず管理費を抑えられることです。

 

それによって、利回りを高くすることも可能になります。

 

賃貸経営のノウハウを身につけることもできますし、建物の傷みや空室状況に細かく気付くことができるため、気のつく大家さんと入居者に感じてもらえるでしょう。

 

逆に、自主管理のデメリットとしては、全ての手続きを自分で行なう必要があるため、時間と手間がかかります。

 

また、入居者からの相談やクレームが来ることもあり、その対応に頭を悩ませることもあるでしょう。

 

賃貸管理の仕事に専念できるのであればメリットも大きくなりますが、他に仕事がある方には自分で管理する方法は負担が大きく感じられるでしょう。


収益物件を委託管理するメリット・デメリット


委託管理をするメリットは、オーナー自身の手間がかからず、物件管理の専門家が対応してくれるということです。

 

小さなクレームなどは、ほとんど耳に入ることなく処理してもらえるでしょう。

 

また、空室時に借主を募集する優先度が上がります。

 

管理会社は、自社物件、管理物件、一般物件の順に優先して借主に紹介していきますが、自社物件がない管理会社も多く、そういった場合は条件さえ合えば最優先で紹介してもらえるのです。

 

委託管理のデメリットとしては、まずマージンが気になるところです。

 

通常、賃料の2%から7%の間で決められることが多いと言われていますが、当然ながら管理を全て丸投げすれば、その分だけマージンも高くなります。

 

それでいながら、管理会社の質があまり良くない場合、オーナー自身が情熱をもって物件に関わっていかないと、管理がおざなりになってしまうこともあります。


収益物件

 

まとめ


今回は収益物件の自主管理と委託管理、二つの方法を比べましたが、いかがでしょうか。

 

専業で大家をしているのであれば自主管理によって大きく収益をあげやすくなります。

 

しかし、他に仕事をしている、投資目的なので手広く収益物件を管理したいという方にとっては、自主管理という方法はあまり向いているとは言えません。

 

そういった方には、物件管理の専門家に委託管理してもらう方法が向いているでしょう。

 

しかし、委託しているからと言って何もかも任せてしまうと、マージンがかさんでばかりで思うように管理してもらえていなかった、ということになりかねません。

 

自分自身も物件に対して常に気を配ることを忘れないようにしつつ、不動産の管理のプロの力を借りることで、収益物件からきちんと収益を上げていけるようになるでしょう。

 

私たちホームメイト四ツ橋本町店では、新築・築浅の収益物件や一棟収益物件などを取り扱っております。

 

ご自身に合った収益物件の選び方や管理方法などのご相談は、お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|不動産投資を始める方へ入居率の良い物件の特徴をご紹介!   記事一覧   不動産投資を小額物件から始めるメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る