投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 不動産投資が生命保険の代わりになる?家族に残せるものとは?

不動産投資が生命保険の代わりになる?家族に残せるものとは?

≪ 前へ|不動産投資初心者の方におすすすめのオーナーチェンジ物件とは?   記事一覧   中古ワンルームマンションの不動産投資におけるメリットとリスク|次へ ≫

不動産投資が生命保険の代わりになる?家族に残せるものとは?

カテゴリ:不動産投資コラム

住宅ローンを組む際には、あわせて団体信用生命保険=団信に加入するケースが一般的です。

 

住居用の不動産はともかく、投資用不動産の場合、団信にはどういった効果があるのでしょうか。

 

今回は不動産投資を始めたいと考えている方に向けて、団信(団体信用生命保険)についてご紹介します。


団体信用生命保険

 

不動産投資における団信(団体信用生命保険)とは


団信は、住宅ローンを契約した後に亡くなってしまった、あるいは重い病気になってしまった際などに、ローンの残債が免除される保険です。

 

多くの住宅ローンでは、債権が回収できなくなる事態を避けるために、団信の加入を必須条件にしています。

 

団信にはさまざまな種類があり、死亡・高度障害状態のほかにも、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)や八大疾病(三大疾病に加えて糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性膵炎・慢性腎不全)に備えた特約を付けられるものもあります。

 

こういった特約をつけた場合、ローンの支払いが補填されたり、残債が免除されたりします。

 

ただし、診断を受けただけでなく特定の条件に当てはまることが必要となるため、加入時に注意が必要です。

 

また、特約を付けた場合、住宅ローンの金利が0.250.3%上乗せされることになります。

 

不動産投資における団信(団体信用生命保険)のメリット


団体信用生命保険のメリット


住居用でなく投資用として不動産を購入する場合でも、団信に加入することが可能です。

 

さらに団信は、加入する年齢に保険料が関係ないため、住居用・投資用にかかわらず、生命保険の代わりにする人も多くいます。

 

団信の内容が充実していれば、すでに加入している生命保険や医療保険を解約したり、保険料が安いものに変更したりすることもできます。

 

また、不動産投資における団信では、契約者にもしもの事態があった場合でも、不動産で家賃収入を得たり、売却したりすることも可能なため、残された家族の助けにもなります。

 

単純に生命保険の代わりになるだけでなく、家族に収入源を残すことができるというのも、不動産投資の大きなメリットといえます。

 

まとめ


いかがでしたか?

 

不動産投資における団信の加入は、生命保険の代わりになることや、契約者が死亡したり病気で働けない状態になってしまったりといった場合に、家族に収入源を残すことができるという点もメリットになります。

 

不動産投資で住宅ローンを組む際は、団信の内容もしっかりチェックした上で、賢く活用してみてはいかがでしょうか。

 

私たちホームメイト四ツ橋本町店では、大阪を中心としたエリアの収益物件も多数ご紹介しております。

 

大阪の収益物件をお探しの方や、初めての不動産投資で不安がある方は、お気軽に当社までご相談くださいませ。

≪ 前へ|不動産投資初心者の方におすすすめのオーナーチェンジ物件とは?   記事一覧   中古ワンルームマンションの不動産投資におけるメリットとリスク|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る