投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 不動産投資初心者の方におすすすめのオーナーチェンジ物件とは?

不動産投資初心者の方におすすすめのオーナーチェンジ物件とは?

≪ 前へ|忙しくても大丈夫!不動産投資は働く女性におすすめ!   記事一覧   不動産投資が生命保険の代わりになる?家族に残せるものとは?|次へ ≫

不動産投資初心者の方におすすすめのオーナーチェンジ物件とは?

カテゴリ:不動産投資コラム

不動産投資初心者のみなさま。

 

投資用物件を購入して安定した収入を得るまでには、家賃の設定・賃貸借契約内容の検討・入居者の募集と審査など、さまざまな作業を行わなければなりません。

 

入居者がいないと家賃収入を得られないため、いずれも重要な作業ではあるものの、それだと手間がかかって大変ですよね。

 

そこで、今回は不動産投資初心者の方にもおすすめの、オーナーチェンジ物件についてご紹介いたします。


オーナーチェンジとは

 

不動産投資のオーナーチェンジとはどんな物件?


オーナーチェンジとは、入居者が住んでいる状態のまま、その物件のオーナーだけが替わることをいいます。

 

入居者は旧オーナーと賃貸借契約を行っていますが、新オーナーになっても住み続けることができるので、新たに入居者募集や審査を行う必要がありません。

 

そして新オーナーはすぐに家賃収入を得ることができ、空室の投資用物件を購入した時に必要な作業も省くことができるので、不動産投資が初めての方にもおすすめです。

 

不動産投資の初心者がオーナーチェンジ物件を選ぶメリットとは?


オーナーチェンジ物件は、先ほどあげたメリット以外にも、旧オーナーから業務を引き継ぐため、投資初心者の方は不動産経営のノウハウを学べる点があります。

 

また、既に入居者がいるので、リフォームやリノベーションをする必要もありません。

 

しかもオーナーチェンジ物件は、相場よりも安い価格で販売されていることが多く、収益計画を立てやすく融資を受けやすいというメリットもあります。

 

不動産投資でオーナーチェンジ物件を選ぶデメリットとは?


デメリット


一方で、オーナーを引き継ぐという行為にはデメリットもあります。

 

まず、入居者が住んでいるため、空室のように内覧ができません。

 

その場合は外観や共用部分を確認して、メンテナンスが行き届いているかをチェックしましょう。

 

しっかり管理された物件は、入居者も安心して暮らせるため満室になっていると考えられます。

 

次に、現在の入居者に退去してもらうよう指示を出したり、火災保険等の追加徴収を要求したりはできません。

 

先に述べたように、現在の入居者は旧オーナーと賃貸借契約を交わしているので、契約内容はそのまま新オーナーに引き継がれます。

 

したがって制度や規則を改めたいと考えても、自由に変更できないのです。

 

他にも、見た目だけでは分からない瑕疵を抱えている場合もあるので、デメリットがあることもしっかりと考えた上で契約しましょう。

 

まとめ


今回は不動産投資初心者の方におすすめのオーナーチェンジについてご紹介いたしました。

 

デメリットもありますが、オーナーチェンジは旧オーナーから業務を引き継ぐため不動産経営の勉強になり、初心者の方におすすめできる物件です。

 

これから初めて不動産投資を始める方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

ホームメイト四ツ橋本町店では、大阪府を中心に関西の投資用物件をご紹介しております。

 

収益物件をお探しの方は、ぜひ当社までご相談ください

≪ 前へ|忙しくても大丈夫!不動産投資は働く女性におすすめ!   記事一覧   不動産投資が生命保険の代わりになる?家族に残せるものとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る