投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 新築・中古・新古物件の違いやメリット

新築・中古・新古物件の違いやメリット

≪ 前へ|不動産投資の家賃収入で課税される税金はいくら?確定申告は?   記事一覧   節税を目的にした不動産投資は危険!結果的に大きな収益赤字を招くことも|次へ ≫

新築・中古・新古物件の違いやメリット

カテゴリ:不動産投資コラム

これから初めて不動産投資を考えている初心者にとっては、不動産業界の用語でわからないものも多いですよね。

 

今回は不動産物件を購入する上でよく耳にする、新築、中古、新古物件について築年数やメリット、その違いをご紹介します。


初心者向け不動産投資について:新築物件の定義とは?


初心者向けの不動産投資


初心者でも新築物件と聞くと、一般的に新しく建てられた建物であることはわかりますね。

 

ただ「新築」と分類するには、「まだ誰も住んでいない物件で、築年数が1年未満の不動産物件のこと」と、法律で定義づけされていることを覚えておきましょう。


初心者向け不動産投資について:中古・新古物件とは?


中古物件は、新築物件と比べると明確な定義はありませんが、「築年数が2年を超えている住宅、またはすでに人が住んだことがある住宅」と説明していることが多いです。

 

新築で購入しても、誰も住んでいない物件で築年数が2年を過ぎた場合「中古物件」と表示しなければなりませんので、注意しましょう。

 

また、築年数が1年以上2年未満の物件で未入居の場合は、新築と中古物件の間として「新古物件」と表現されます。


初心者向け不動産投資について:メリット


初心者向けの不動産投資


では、不動産投資をする初心者向けに、新築と中古、新古のそれぞれのメリットについて見ていきましょう。

 

新築物件は不動産投資の観点で見ると、「新築である」というプレミアム感により、賃料を高く設定できます。

 

また、新築は空室のリスクが少ないこともメリットと言えます。

 

一方で中古の場合は、「中古物件」と表現されている物件であっても、築後すぐに入居して1日しか住むことがなかった物件が中古物件として売られることもあります。

 

中古だからといって必ずしも新築より何年も古いわけではなく、物件によっては新築と同等の不動産物件がより安く手に入ることもあります。

 

そして新古物件においても、未入居物件として新築と同等に扱える場合が多いので、安く手に入れば新築物件と同様に高い賃料を設定することができ、高い利回りを得られるメリットもあります。

 

新築、中古、新古ともにそれぞれメリットがありますので、不動産投資初心者の皆さんは、それぞれの築年数や入居日数などを物件ごとにしっかりと確認していきましょう。


まとめ


不動産投資をこれから始める初心者は、新築・中古・新古物件の違いを理解し、築年数や入居日数をしっかりと確認して損のない投資につなげましょう。

 

ただ、中古物件であっても新築と同じ良い状態のものを安く手に入れることができたり、新古物件をお得に探したりしている入居者もいますので、それぞれのメリットを考えて不動産投資をスタートすると良いでしょう。

 

大阪府や関西地方で不動産投資物件を購入するなら、ホームメイト四ツ橋本町店までぜひご相談ください

 

新築・築浅のおすすめ収益物件情報もございますよ。

≪ 前へ|不動産投資の家賃収入で課税される税金はいくら?確定申告は?   記事一覧   節税を目的にした不動産投資は危険!結果的に大きな収益赤字を招くことも|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る