投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 投資するなら新築マンションと中古マンションどっち?

投資するなら新築マンションと中古マンションどっち?

≪ 前へ|始める前に知っておきたい!不動産投資と借地借家法の関係とは?   記事一覧   不動産投資の理想的な返済比率は?|次へ ≫

投資するなら新築マンションと中古マンションどっち?

カテゴリ:不動産投資コラム

不動産投資を始めるに当たって、新築マンションにするか、中古マンションにするか悩みどころです。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、十分な調査が必要です。

 

不動産投資は、金額が大きいだけに、後戻りがしにくいといえます。

 

ここでは、新築と中古,それぞれ物件のメリット・デメリットをご紹介します。


新築マンションのメリットデメリット


投資をするなら新築マンションか中古マンションか


やはり新築であることは、大きなメリットです。

 

新築ならではの最新の設備や間取りもそうですが、新築で誰も使っていないこと自体が差別化につながります。

 

それにより家賃も新築プレミアム家賃がとれたり、礼金もとりやすくなります。

 

入居者確保は容易な場合が多い反面、購入を考えると高額なものも多く、ある程度自己資金を入れないと、オーバーローンで購入した場合一部屋空いただけで収支が厳しくなる物件もあります。

 

中古マンションに比べると融資期間も長くとれ、銀行評価も高いですが、借入ができることと投資が成功することは別物です。

 

新築も一度入居者が入れば、そのあとは中古です。

 

新築プレミアム家賃ではなくなったときに、収支に問題はないか十分な検証が必要です。


中古マンションのメリットデメリット


一方で中古マンションは、新築に比べて価格が安いものが多く、利回りが高い傾向にあります。

 

また、既に入居者が入っている物件をオーナーチェンジで売買でき、すぐに不動産投資を始めたい方にはおすすめです。

 

合わせて、家賃も新築プレミアム家賃から落ち着き、大きな値下がりがないのも利点です。

 

ただデメリットとして、それなりに年数が経過しているものが多く、購入後すぐに突破的な修繕が発生する場合があります。

 

不動産取得税や減価償却など、税制面で新築に比べて不利になることもあります。

 

融資期間が短く、銀行評価も出にくいため、物件規模によってはある程度の自己資金が必要になります。

 

中古マンションの場合は、建物の管理状況を見極める力量が求められます。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

 

新築、中古それぞれの物件にメリットやデメリットがあります。

 

どちらを選ぶかは目標により異なりますが、投資である以上はキャッシュが残ることが大前提になります。

 

自身のリスク許容度を把握し、適切な判断ができるように、キャッシュフローツリーの作成など、一定のモノサシを持つことをおすすめします。

 

また、複数物件を所有されている方は、所有物件全体を見たポートフォリオで考えてみるのも良いでしょう。

 

私たちホームメイト四ツ橋本町店では、マンションの投資に関するご相談も承っております。


ご入用の際にはぜひお気軽にご連絡ください

≪ 前へ|始める前に知っておきたい!不動産投資と借地借家法の関係とは?   記事一覧   不動産投資の理想的な返済比率は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る