投資・収益物件を大阪でお探しならイングス不動産販売 > ホームメイトFC四ツ橋本町店のおすすめ情報一覧ページ > 不動産経営の落とし穴?投資物件を購入して失敗しないための注意点

不動産経営の落とし穴?投資物件を購入して失敗しないための注意点

≪ 前へ|不動産売却時に発生する税金!タイミング次第で課税される税率が変わる?   記事一覧   不動産経営を始めてみよう!収益物件の購入方法について 後編|次へ ≫

不動産経営の落とし穴?投資物件を購入して失敗しないための注意点

カテゴリ:不動産投資コラム

不動産投資を始めてみたいとお考えのみなさま。

 

不動産投資は必ず儲けが出るもの、とお思いではありませんか?

 

その考えはとても危険です。

 

将来の資産を増やすために始めた、不動産投資が負債とならないように、ほかの方の失敗体験から、投資物件の選び方について学んでいきましょう。


不動産の投資

 

投資物件で失敗しないようにしよう!① 空室保証について


不動産投資とは、購入した物件を貸し出した時に発生する賃料が収入となります。

 

そのため、購入した物件に入居希望者がいなかった場合、どのようになってしまうのでしょう。

 

入居者がいない場合、その物件は収益がない状態で、ローンだけ支払うことになります。

 

不動産経営には、「空室保証」という保証があります。

「サブリース」とも言います。

 

手数料がかかりますが、空室のローンを払い続けることを考えると、このような保証を付けておくべきだった、という失敗を経験された方がいらっしゃいました。

 

せっかくの投資物件が負債とならないように、困った時の保証についても確認しておきましょう。

 

投資物件で失敗しないようにしよう!② 利回りについて


例えば、大学の近くや工場の近くなどには、一般的に立地が良くなく需要が高いとはいえないものの、大学・工場の利用者によって入居率が良い物件というのが存在します。

 

このような物件は利回りがよく、大きな収入になるとお考えの方もいらっしゃいます。確かにその大学や工場がずっとそこにある場合、購入した物件は利益を出し続けるでしょう。

 

しかし、工場の場所が急に移転することになったという場合、お持ちの物件はどうなってしまうのでしょうか。

 

物件の位置が駅からも遠いためほかの入居者もおらず、売却するにも買い手がつかない状態となってしまった、という失敗談があります。

 

不動産投資において、利回りはもちろん大事なポイントですが、リスクも考えたうえで物件の購入をするべきですね。

 

投資物件で失敗しないようにしよう!③ ファミリー向け賃貸は収入も増える?


「ファミリー向け賃貸は部屋も広いため、家賃収入も増えるのでは?」と思われている方も多いと思います。

 

確かにファミリー向け賃貸はひと月の賃料は高いですが、退去時のクリーニング代も高く、実はそんなに利回りが良い物件ではありません。またリフォームを行う場合、ワンルームよりも部屋が多いため、経済的にも時間的にもコストがかかってしまいます。

 

当然リフォーム期間は貸し出しを行うことができず、利益が出ない期間ができてしまいます。

 

将来、利用するつもりで購入する方も多いファミリー向けマンションですが、不動産投資としての購入は慎重な判断が必要です。


お金がかかる

 

まとめ


今回は不動産投資を考えている方に向けて、不動産購入時の失敗体験をご紹介しました。

 

購入時には同じような失敗がないように投資物件を選んでいただけたらと思います。

 

私たちホームメイト四ツ橋本町店では、収益物件を豊富に取り揃えております。

 

不動産投資で収益物件の購入をお考えの方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|不動産売却時に発生する税金!タイミング次第で課税される税率が変わる?   記事一覧   不動産経営を始めてみよう!収益物件の購入方法について 後編|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る